follow me > radispa

radispa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 11月 29日

Right Time, Wrong Way

c0057602_09450898.jpg

店の業態や営業時間や定休日や店名や味をコロコロ変える店は好きじゃない。

ホリエが「外で食べる」ということにはその味以上に安定感が欲しくてそうしているのに落ち着かないからだ。

「いいな」と思っても、しばらくして再訪したら中にいる人間は同じなのに店名はおろかメニューまで変わっていたりすると酷く裏切られた気がする。残念この上ない。


なぜか日本人は「未完成の美」に惹かれる傾向があるみたいだ。

「まだまだ店の味は決まっていません」なんて平気で良いことのように言う店主がいる。

完成してないものを客に提示してお金を払わせるという仕事もなかなか珍しいのではないかと思う。

もちろん、味は時代に合わせて変わっていくべきである、というのはひとつの考え方だ。

長く続いている飲食店は時代に合わせて自分を変化させることができた結果だと思う。

「頑固一徹」を貫いているように見える老舗もちゃんと「時代」に乗っているからこそ生き残っているのだ。

(そこを勘違いして「ウチはこのやり方を変えません」なんてとこはやはり中途半端に終わる傾向が・笑)


閑話休題。


ずいぶん前に入ったラーメン店で店主が「ボク修行したんは大阪なんでね、商売はね、『商い』って言うぐらいだから飽きたら終わりやっちゅーて教えられてきたんですわ。そやし飽きひんように色々試してみてるんですわ」と訓示をくれた。なるほど何年かして訪れたその店は違う店かと思うほど味が変わっていて「ああ、そういう人なんだな」と思ったもんだ。

「飽きない」のは仕事のやり方にであって「味」にではない。

一期一会で出会えた味が「実験」であってはいけないと思う。

仕事に飽きずに「時代にあった同じもの」を出せる店がいい飲食店だと思う。


特にラーメン屋や蕎麦屋や洋食屋なんかのプリミティブなとこはそれを守って欲しいんだよなぁ。



by radi-spa.horie | 2016-11-29 09:42 | 日記 | Comments(0)


<< 目分量      革命の日 >>