2017年 01月 14日

decay / decade

c0057602_00041854.jpg悪いことがあると「神も仏もない」なんてことを言う人がいる。
でも本当は「神も仏もある」んじゃないかと常々思う。
神も仏も本当にいて、そして気ままに人間の運命を弄んでるんじゃないかと。
そうでも思わないと説明のつかない「不誠実な出来事」がある。
それも「彼ら」は突然/前触れもなく/強引にそれを起こす。

「乗り越えられる試練」だから与えると言う。
「乗り越える」もなにも、全てを取り上げるような所業をする「彼ら」にはほとほと愛想が尽きる。

「最初から決まっていた」のだと言う。
勝手に決めておいてよく言う。

どうせ気まぐれで突然決めたことなのだ。
どうせ大した理由もなく決めたことなのだ。










間接的に(いや、直接なのかもしれない)色んなことを教わった人が突然この世を去った。
近しくさせていただいたのはここ何年のことだったが、その人の色んな部分を「カッコいい」と思った。
失礼だけれど「可愛い」とも思った。
「仕事は楽しい」と本気で思っている人だった。
「しんどいから楽しい」のだと。
ああいう人こそ神や仏なのだと思う。
「彼ら」も見習えばいいのだ。
そちらに行ったあの人に色々と教わればいい。
そして反省すればいい。

背中を丸めてニコニコしていたあの人のことを考えながら、今日は呑む。
おつかれさまでした。ごゆっくりしてください。またいつか。


by radi-spa.horie | 2017-01-14 23:02 | 日記 | Comments(0)


<< 神おわす國      そういえば、昔からそうだった。 >>