follow me > radispa

radispa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 22日

そうだ 岡山、行こう。キャンペーン(笑)

c0057602_10225545.jpg

お小言をいただいてあまりに凹んだため(笑)、更新が随分と滞っておりました。
全国15,000人のホリエマニアの皆様、申し訳ございません。
お小言をいただいた御仁から「そういえばブログの更新してないね」とメールの結びにあり、ハッとなった次第。

先日ね、岡山へうかがいまして。
いえ、お仕事ですよ。ホンマ。

今抱えてる大事なムスメたちの公演2日目を終えた足で、客出しの時間も預けて脱兎のごとく小屋を飛び出しました。
現場まで来てもらってたメンバー2人と合流し、四条大宮でこれまた丹後半島での仕事を終えたリーダー・宮部をピックアップ。そのまま名神へ。

そぼ降る雨の中、休憩もそこそこに3時間ほどで現場のある岡山県総社市に到着。
雨の中宿の前で待っていてくださった主催者様と落ち合い、オススメの焼き鳥屋さんへ。
去年も連れて行っていただいたんだけど、ここが美味くてね。
京都ではなかなか食べれない親鳥ものとかもあって、差し歯が欠けた状態も忘れ(笑)むしゃぶりつきました。
その夜はシャワーもそこそこにバタンキュー。
翌朝5時に宿の露天風呂が開くのを待って朝風呂でさっぱり。
地元食材をふんだんに使った朝食ブッフェで朝から満腹。

そのまま現場に入り、セッティング→リハ→本番と。
会場は立派なお寺の本堂で、観客はちびっこ達。
こちらがほっこりさせていただいて機材トラブルもなく無事終了。
電波トラブル用に有線マイクを準備しておくとトラブルがない不思議(笑)

ちびっこ達が帰ったあと、雨に濡れるお庭を眺めさせていただくのが至福でした。
思えば去年もこんな写真撮られてたなぁ。
あまりに収まりのいい画面だったので、ご住職の許可を得て某鉄道会社のキャンペーンを丸パクリしてみました。

ホンマ、岡山ええとこやわぁ。
ご住職様、ありがとうございました。

それにしても名物焼き鳥で歓待を受け、温泉に入り、地元の食材を堪能して、知る人ぞ知るお好み焼きをお昼にいただき、お土産まで持って帰るって、単なるバスツアー客やん(笑)

# by radi-spa.horie | 2015-04-22 11:04 | 紀行 | Comments(0)
2015年 03月 15日

やりかた

安くてある程度なんでも言うこと聞いて便利だから、という理由でお仕事いただくのには慣れたんだけれど、大先輩に「そういうのは自分のウデを鈍らせるよ」とお説教を食らうとごもっとも過ぎて返す言葉もない。

「小賢しいアーティストなんて人種になる必要はないけど、技術者は何でも屋にもなっちゃダメ」
「相手が出せる限界ギリギリまでお金を出してもらって、それに見合った仕事で返しなさい」
「趣味でやってることの方がお金になる、っていうのは本末転倒」
「受けるたびにちょっとでもギャランティを増やしてもらえる仕事にすることが大事」
「自分で最低ラインを決めて交渉に臨みなさい」
「その仕事に割く時間や、その仕事に起因するリスクをちゃんとお金に換算しなさい」
「楽しいだけならそれは仕事とはいわない」

いちいちごもっともで全く言い返せません。
このトシになって一体何やってんだとかなり凹んでおります。
そう思うと会社員の頃は良くも悪くもコンスタントに評価を受けてたんだな、と再確認。
あ、発言の主は純粋にホリエに対する愛情で言うてくれてはるだけです(笑)



いや、笑い事じゃないんだよなぁ。
ナケテクルナァ。


"Hold Your Hand" by Perfume

# by radi-spa.horie | 2015-03-15 00:14 | 仕事 | Comments(0)
2015年 03月 14日

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

c0057602_10223576.pngあの「アイアンマン」のジョン・ファヴローが脚本・監督そして主演!
そう、「アイアンマン」でもハッピー役で出演しているように彼はもともと役者でね。結構な出演作品があるわけですよ。いい味出してんだからもっと役者として仕事したらいいのに、とホリエなんかは思っていたわけ。そこへ今回の作品だったので大喜びです(笑)

まぁ「アイアンマン」で一躍ハリウッドの寵児になっちゃったモンだから演出家として引っ張りだこになるのは仕方がなかったんでしょうが、興行収入こそまぁまぁだった「アイアンマン2」への評論家の酷評やその後の「カウボーイ&エイリアン」での大コケで「自分の作りたいものを作れないジレンマ」を感じていたストレスを「ほぼ自主制作」という形で吐き出した感があります。
主役がシェフを務めるレストランのオーナー(ダスティン・ホフマン!)と意見の対立で飛び出したり、Twitterを駆使する(笑)グルメ評論家(オリヴァー・プラット!)のネット攻撃に翻弄される様はそのままファヴローの実体験に他ならないんだろうと思いますね。今やどんなジャンルのクリエイターも同じ悩みを抱えてるはず。

そんな小粒な佳作の脇を支えるのは前述のダスティン・ホフマン、オリヴァー・プラットに加え、ロバート・ダウニーJr.(この人の役どころがまたムダにエキセントリック・笑)やスカーレット・ヨハンソン(やはり普通の姿がエロい・笑)などのアイアンマン組、ジョン・レグイザモやボビー・カナベイルなどのラテン組(笑)などめちゃくちゃ豪華キャスト。その辺もファヴローの人柄からくる人脈の広さを象徴しているようです。

そんな中、息子役で出演のエムジェイ・アンソニー君がめっちゃいい。これがほぼ初めての映画出演みたいですが、飄々とした小学生を見事に演じております。ストーリーが展開していく中でちょっとずつ変化していく気持ちの動きや、今どきの子供らしくメディアを使いこなす様がものすごく自然体でしかもストーリーの根幹をしっかりと作っている感じ。脚本や演出の面白さもあるんでしょうが、彼の表情や台詞回しによるところが非常に大きい気がします。

音楽は、と思って調べてみたら「音楽監修」という肩書きでマシュー・スクレイヤーと出てくる。「誰、それ?」と思ったらサンタモニカのコミュニティFM「KCRW」のスーパーバイザー。要は「サントラ」ではなく「プレイリスト」なんですね。ラテンをメインにジャズあり、ヒップホップありのお買い得コンピレーションアルバム(笑)。その選曲がまた素晴らしい。サントラだけでも充分買いです。事実ホリエはすぐ買っちゃいました(笑)

ストーリーのバックボーンを支えるフードはあのフードトラックブームの火付け役・ロイ・チョイによるものらしく「作りたいものを作れないジレンマ」という意味では監督と意気投合したのもわかります。自身もエンドクレジットで登場して監督に調理を指南していますが、本当に料理に熱い男な感じ(笑)
今作に出てくる料理全部美味そうです。何かまともなものを食べながらでないと観ていられない。

料理・音楽・役者・ストーリー全てが感覚的でホリエ好みの今作、今の所今年の暫定トップです。ぜひ。
映画はエンターテインメントでないと、というお手本のような映画でした。

# by radi-spa.horie | 2015-03-14 11:14 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2015年 03月 13日

空想レストランSeason2 #5

c0057602_14181537.jpg

いや〜、ピッチあげてますねぇ空レスさん、とようやく言っていただけるようになりまして、ちょっと嬉しい今日この頃、ご機嫌いかがですか奥さん。オーナーシェフのホリエでございます。

今回のテーマは「ブリ照り」。「よく食べる割にはあまり作らない」という声も聞きましたが、それぐらい定食メニューとしてはポピュラーなこの一品。家庭でもちょっとしたひと手間で美味しく作れるんです。
とはいえ、今回は聴いてもらわなくていいです(笑)と言うほどいつもにも増してグダグダなトークに自分たちでもうんざり(笑)
そんなグダグダ感を引きずったままのオマケのトークも最悪にグダグダ。
まぁ、暇つぶしが何もない夜にでも聴いてやってください。

本編はこちら
オマケのコーナーはこちら

# by radi-spa.horie | 2015-03-13 14:38 | 放送 | Comments(0)
2015年 03月 11日

空想レストランSeason2 #4

c0057602_16325638.jpg

収録ピッチを上げすぎてアップが間に合ってない(笑)空想レストランオーナーシェフのホリエでございますよ、奥さん。
さてさて、今回のテーマは「ハヤシライス」。そう、あくまで「ハッシュドビーフ」じゃなく「ハヤシライス」。
それも小学校の給食風に甘〜くしてみました。言わばお子ちゃま用。白ご飯の好きな空レスファミリーの3人にはこれがぴったり。お肉を使わないレシピですので家計にも優しいです。
トーク中には「ハヤシライスとミートソースなんて同じようなもの」という極論も飛び出して(笑)ますが、給食のあれってそうですよね。

今回からはYouTubeのコメント欄にレシピも掲載していきますのでできればご一緒に作って食べながらお聴きくださいね〜。

そしてそして、今回から幻の「若林奈緒子のオマケのコーナー」も一緒にアップ。今後今までのオマケコーナーも順次アップしていく予定ですので本編よりグダグダなトークをお聴きになりたい変態のアナタはぜひ!

→本編はこちら
→オマケのコーナーはこちら

# by radi-spa.horie | 2015-03-11 16:35 | 放送 | Comments(0)
2015年 03月 01日

空想レストランSeason2 #3

c0057602_23465963.jpg

さてさて、焦ってピッチを上げております空想レストランでございますが、今回のテーマは「筑前煮」。今回もテーマには全く関係のないハナシも存分に織り交ぜつつもニッチに迫っております(笑)
やはり思い切り食べ、よく笑っておりますがグダグダ感はいつもの通り。
ゆる〜くお楽しみください。

→こちらからどうぞ

# by radi-spa.horie | 2015-03-01 23:50 | 放送 | Comments(0)
2015年 02月 18日

空想レストランSeason2 #2

c0057602_13564572.jpg

さてさて、前回のアップからえらい時間が経ってしまいましたが、ようやくのアップでございます。
今回のお料理は「エビチリ」。そりゃもうあのソースあったらそれだけで白ごはんなんぼでも、なメニューですが、ウンチクはさておき今回もやたら食べ、しかも関係無いハナシを延々とくっちゃべっております。メールの着信音は鳴り響くわ、映像もないのに若林は身振り手振りで説明するわのいつものてんやわんや。年明けから久しぶりに会った3人の若干新年会な雰囲気とともにお楽しみくださいませ。

こちらからどうぞ。

# by radi-spa.horie | 2015-02-18 14:03 | 放送 | Comments(0)
2015年 02月 08日

まさかの開店【告知】

c0057602_15112911.jpg
きたる3月8日(日)、ひょんなことで「ホリエバル」なんてものをやらせていただくことになりました。
いつもお世話になってる日替わり店長の店「魔法にかかったロバ」(以下「まほロバ」)で。

実はホリエの単独キッチンは今回が初めて(貸切営業でやらせてもらったことはありましたが)なので若干の緊張感もあるわけです(笑)
ドリンクは盟友・宮部ね〜さんが担当してくれるのでそこだけが心の支え。

今回、ホリエの料理だけではなく東京からお越しの「潦(にわたずみ)」さんという名うてのアコースティックデュオのミニライヴもお楽しみいただける趣向でしてね。「ホリエバル with 潦ミニライヴ〜立ち飲みで大人ライヴを」って銘打って。
このお二人、やたら腕の立つギタリストのオジ様と歌の上手いセクシーなお姉さんのデュオで「オリジナルはやらない」って潔い割り切り方(笑)でおなじみの名曲をアコースティックアレンジで聴かせてくれる、我々中高年にはうれしい、若い人には新鮮な方々。京都での音出しは初めてってことなので是非とも皆さんに聴いていただきたい。

当日はホリエおなじみのアテから初めてやってみました的なバルメニューまでご用意して皆様のお越しをお待ちいたしております。ワインももちろんご用意しますが、まほロバには常時数種類の日本酒やもちろん生ビールもありますので飲めや歌えやで盛り上がっていただけること間違いナシ。
なにより初めての単独出店でお客さんが少ないなんてことになったらかなり凹むので(笑)万障お繰り合わせの上お越しくださいますようお願い申しあげます。決して広くはない店内ですが、立ち飲みなので肩擦り合わせて盛り上がってください。
早めにお越しいただいてほろ酔い気分でライヴを楽しんでいただいてもよし、ライヴ後ゆっくりと(多分出演者と一緒に・笑)呑んでいただいてもよし。


「ホリエバル with 潦(にわたずみ)ミニライヴ〜立ち飲みで大人ライヴを」
日時:3月8日(日) 18:00〜24:00(L.O.23:30) 潦(にわたずみ)ミニライヴは19:00〜20:00の予定
場所:魔法にかかったロバ(京都府京都市上京区西町90 電話:075-463-6866)

# by radi-spa.horie | 2015-02-08 15:52 | 仕事 | Comments(0)
2015年 01月 26日

フジテレビ開局55周年記念特別企画 オリエント急行殺人事件

c0057602_1449391.pngここんところ2〜3日臥せっておりまして、ねぇ、奥さん。
いろんな方々にご迷惑をおかけいたしました。いやはや申し訳ありませんでした。

でね、ぼんやりとしたアタマで仕事ができるわけでもなく、本を読んでも内容が入ってこずで。
で、思い出したのが年始に録画だけしてなんとなく観ようという気になってなかった「オリエント急行殺人事件」なわけですよ。

近しい方々の何人かはホリエが母親と共に親子二代のアガサ・クリスティーマニア(というかエルキュール・ポワロマニア)だということはご存知かと。
で、しかも三谷幸喜作品はあまり好きではないということをご存知の方もおられると思います。というと語弊がね、ありますよね。あのいわゆる群像劇が苦手でね。アタマ悪いから集中できなくてね。
じゃなんでポワロものが好きなんだと。それこそ有名な「オリエント急行の殺人(本作の原作)」にしても「白昼の悪魔(「地中海殺人事件」原作)」にしても「ナイルに死す(「ナイル殺人事件」原作)」にしても群像劇じゃないかって言われちゃいそうですが。

あれ以外と知られていないんですが、演出の具合で群像劇の側面がクローズアップされてるだけで原作はやっぱりポワロ目線(というか語り部であるヘイスティングス目線)で物語を追っていくんですよね。他のポワロ作品なんかはいたってシンプルな小品も多くて、クリスティー自身が「もう書くのヤだわ」って思ってたにも関わらず短編でいいのがいっぱいあるわけ。むしろそういう作品の方が好きなんですよ、奥さん。「クリスマス・プディングの冒険」なんて可愛くてものすごくいいもの。一度読んでみて。

でね、そんなこともあって恐らく恐ろしく群像劇に(しかもコミカルすぎるのがホリエ的にはしんどい・笑)なるであろうことが予想される三谷作品で、しかも「オリエント急行」、しかもフジテレビの記念企画にありがちなオールスターキャスト…。
ちょっとホリエの食指が動かないのがお分かりいただけたかしら、奥さん。

だからこそこういう時に観ておこうとね、思ったわけですよ。

いや〜、面白かった。
というかパロディとして非常によくできてる作品でした。
名前のもじりかたなんてサイコーです。エルキュール(=ヘラクレス)をヤマトタケル(=日本武尊)にも笑いましたがね、グレタ・オルソンを呉田その子、アーバスノット大佐を能登巌大佐、ヒルデガードを昼出川とか出オチに近い面白さ。ブック重役が莫さんなんて悪ノリにもほどがある(笑)
イニシャル入りのハンカチの英語表記とロシア語表記のあたりはさすがに苦しまれたようですが、その辺はさらっと消化してかわしておられたしね。

と第一夜を楽しく観せていただいた後の第二夜はさすがに三谷作品というほとんどオリジナルな群像劇(笑)
でもね、奥さん、あれはあれで面白かったですよ。
あれだけ前半・後半でバカっと「事件」・「成り行き」を分けるって手法も斬新。あれなら細かく群像描写してもダレないものね。

何よりも野村萬斎演じる名探偵・勝呂武尊のキャラがよかったの。ポワロものに馴染みのない人には「なんであんなしゃべり方なんだ」とか言われてたみたいだけれど、映画の「オリエント急行殺人事件」でポワロを演じたアルバート・フィニーやポワロといえば、で超有名なデヴィッド・スーシェ、はたまたアメリカ版のアルフレッド・モリーナあたりの雰囲気も取り込んで「わざとらしいよそ者の小男」をうまく消化しておられてね、特にスーシェのポワロが好きな人にはよかったんじゃないかなぁ、と思われましたね。

そういう意味でも戯曲としていまだにしばしば使われるクリスティー作品の良さをうまく引き出してる、しかも第一次世界大戦直後のイギリスを同じ頃の日本に置き換えて分かりやすく、っていうのも成功してましてね、やっぱりあのオジさん巧いなぁと、感心しきりだったわけですよ。
ワードローブもなかなか凝ってらしたので、そのへんもね、ポワロものっぽい。

なもんで、あれを機会にポワロものの作品(できれば小説の方をね、お勧めしますよ)に親しむ方が増えれば、と思いました。
ホント、面白いですよ。短編集「ポアロ登場」あたりから始めてみては。あ、早川書房さんではポワロではなくポアロなんですよ、奥さん。

# by radi-spa.horie | 2015-01-26 14:44 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 12月 29日

ゴーン・ガール

c0057602_16225456.jpg年末も押し迫った中、バタバタしてる間隙を縫って観たかったデヴィッド・フィンチャー監督作品を観てきました。
「ドラゴン・タトゥーの女」が2011年らしいのでかなり久しぶりな感じ。

こうなんだか「ずっと落ち着かない」画面作りは監督がさすがなんだけれど、それにも増してロザムンド・パイクが「常にウラがありそうな」役作りに成功していて最終的にはそれが効いてくるというか。そこへベン・アフレックの「煮え切らない」男が絡んでくるもんだからストーリーにも不安定感が出て、そりゃもう落ち着かない落ち着かない。この辺は原作者が脚本に関わってるからこその効果なのかもしれませんが。
大好きなロザムンド・パイクですが「怖っ」と思わされました。

音作りは「ドラゴン〜」とは随分と手法を変えてきているみたいでストーリーやキャラクター作りで不安定な感じを出してる分効果音やノイズで煽る、というのは少なかったように思います。

音楽は前作同様トレント・レズナー&アッティカス・ロス組。こちらは前作同様重苦しい曲作りでレズナーお得意のインダストリアルな仕上がりの曲が多かったなぁ。予告編で使用のリチャード・バトラーがカヴァーした「忘れじの面影」は劇中には出てきませんでした。あれ、逆に怖くてよかったのに(笑)

フィンチャーものにありがちな露骨な性描写があるのでデートムービーには向きませんが、大人が観て楽しめる作品ではあります。

# by radi-spa.horie | 2014-12-29 16:19 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 12月 16日

But I know It's running out!

c0057602_10571746.jpgどこのメーカーのなんの機材とは言いません(機材自体のメーカーは悪くないので)が、電池駆動と外部電源両方で使用する機材のハナシ。

近く手持ちを全て使用する予定があるので電池を全て新しいものに入れ替えメンテをしていたら、そのうちの1つだけ「外部電源では使えるのに電池では使えない」現象が発生。「あれっ?この電池つかいさしかいな?」と違うものに差し替えてもダメ。基盤や配線に異常は見られない。次の現場は電池駆動で使用する可能性が高い。ここの時点でなんかおかしいことに気づくべきだったんですが、現場は1週間ちょい後。焦ったのが悪かった。

あわてて梱包しメーカーへ修理依頼をすべく送ろうと思ったんですが、最近のメーカーさんってあれね、修理依頼窓口の住所載せてないのね。まずは電話か問い合わせフォームでご相談を、って。こっちは焦ってますがな。そんなヒマないがな。ネットの細かい情報を拾いまくってやっと見つけた「ここかな」って住所に「時間がないので」って緊迫したメッセージ入り(笑)で送ったのが土曜日。早速月曜の朝イチで修理担当者から電話が。でもなんか様子がおかしい。

「あの〜、修理のご依頼いただいた機材ですが…」
「はい、あ、保証期間は過ぎてるので有償ですよね?大丈夫です。おいくらですか?」
「はい、いえ、そのことなんですが…」
「え?修理できないぐらいの感じですか?」
「いえ、そうじゃなくてですね、こちらで確認させて頂いたら動作に問題がなくてですね」
「え?」
「電池の電圧がほとんどない状態でして」
「は?新しいものに替えたんですが」
「あのメーカー(海外製)の電池はたまにハズレがあるんですよ」
「2個替えてみたんですが」
「はぁ、こちらの電池に替えて動作を確認したら問題ありませんでした」
「…」
「ですのでメンテナンス代金だけになるんですが、2,000円と送料になります」
「…わかりました」

赤っ恥やがな。そんな基本的なこと確認もせんと送ったんかい、っちゅーなモンやがな。
あわてて手持ちの3個の電圧を測ったら3個のうち更に1個がそんな状態。どうもその電池で偶然チェックしたみたい。要は手持ちの5個のうち2個がハズレ。年内に買ったヤツよ?そんなことある?まぁこの仕事無駄に長いもんでごく稀にハズレが存在するのは経験としてあったけど、2個連続ってなかったなぁ。
その足ですぐ電気屋に行って国産を買い求めました。電圧チェックも全て正常。ビバ日本製。

あ、写真は信頼の日本製です。一応チェックしますが(笑)


Sandii and the Sunsetz "Battery"

# by radi-spa.horie | 2014-12-16 10:57 | 仕事 | Comments(0)
2014年 12月 01日

インターステラー

c0057602_20304684.jpg最初はしばらく顔を見ていなかったアン・ハサウェイと会いたくて観に行くことにしたんですが、そこはクリストファー・ノーラン監督作品、一筋縄ではいきませんで。
しかも弟ジョナサン・ノーランとの共同脚本。さらに4年間相対性理論を勉強しつつの執筆に科学コンサルタントに理論物理学者を立てて盤石に。
丁寧に撮られた映画です。映像も人間も。難しい印象はあるけど。

こういう終末論的なストーリーの映画はよくあるけど「明るい未来が実は待ってた」っていうのは珍しいんちゃうかなぁ。最後の最後にホッとしつつ「静かな喪失感」も残されてて。
その辺は同監督のバットマンシリーズにも若干見え隠れするので、この人のテイストなんかもしれません。

「ダラス・バイヤーズクラブ」以来のマシュー・マコノヒーがものすごくよくて。
難しい感情の起伏を表現する必要がある役だったんですが、静と動のヴェロシティが広くて幅のある役者さんやなぁ、と改めて思いました。

音楽はノーラン監督とのタッグも長いハンス・ジマー。
いつもは耳に残るメロディーラインでガンガン押してくるんですが、今回はメロディーというよりも「音」に特徴をもたせた楽曲が多くてIMAXカメラを多用した映像の迫力に負けない音圧でした。

あとこの作品での特筆すべき点は「音効」。
もうなんだか変態的に「効果音」が生々しいというか。静か〜なシーンでの微かな音なんかもものすごく丁寧に作られてる感じです。

買うなぁ、Blu-ray(笑)

# by radi-spa.horie | 2014-12-01 20:23 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 11月 30日

モノクロームの風景

寒くなると特にそうなんだけれど、若いコ達の服装が黒っぽくなる。
もう男子なんて「黒やグレーを着ておけば大丈夫」だと思ってるんじゃないかというぐらい差し色もなくモノトーンだったりする。
まだバッタみたいに緑色で固めたりしてるほうが自己主張があっていいよ。
ヒドい時には上から下までグレーでまとめてたりするから、ねずみ男かミヒャエル・エンデの「モモ」に出てくる時間泥棒にしか見えない。
あと夜道で黒のキャップに黒の上下、黒い靴に唯一見えてるはずの襟足まで長い髪の毛で隠して、プラス黒い犬を散歩なんかさせられた日にゃ、もう自殺願望あるとしか思えんもんね。

もっとカラフルにいこうよ。
お年寄りの方がとんがった服着てるよ。
轢くよ(笑)



# by radi-spa.horie | 2014-11-30 12:02 | 人間 | Comments(2)
2014年 11月 22日

中国茶道

c0057602_1605099.jpgまほロバの常連さんでFB友になった高橋さんにお誘いいただいて、中国泡茶道篁峰会さん主催の中国茶の集いにお邪魔してきました。
建仁寺の大方丈内にある広間が会場。
庭の枯山水に植えられた草木も紅葉のいい時期。
c0057602_16151.jpg会場に到着すると並べられた机の真ん中にデンと置かれたお香台(?)が。
立派な造りでえらい古めかしいものの螺鈿具合が豪華で豪華で。これええなぁ、こんなん欲しいなぁ、と思ってたら後で聞くところによると文化財(笑)。もちろんちゃんとしかるべきところに届けてお使いとのこと。そら立派やわ。「欲しいなぁ」とちゃうて。
そんな会場で中国から来られた演奏者(なんか中国では人間国宝のような演奏者の先生らしい!)のお箏の音色の響く中、中国茶道のお点前開始。
始まってから気づいたんですが、いわゆる台湾なんかで盛んな「茶藝」と「中国茶道」はまったく違うもので日本の茶道に近い精神性メインのモノ。厳かな雰囲気の中、これまた中国では何人もいないという中国茶道の先生(日本の茶道や華道も習得してはるそうな)が淹れてくれはる香り高い中国茶を何服かいただきました。
なんでも飾るものがちゃんと決まっていたり(その辺も日本の茶道に近いね)、箏の演奏がありきだったりと色々ルールがあるそうでなかなかに厳格そうです。

その後、主催の日本人の先生の「茶藝」でエリザベス女王が御用達の紅茶を始め珍しいお茶や高価なお茶を何服もご相伴にあずかり大変癒されました。
それぞれのお茶にまつわる色んなお話も聞け、こう言うたらイヤらしいですが「お得」なイベントです。お誘いいただいた高橋さんに感謝。

出席者はご高齢の方が多い様子でしたが、若い人も行くべきよ、あれ。
なんでも春と秋に開催されているようなので次も予定の合う限り出席させていただきたいと思います。
c0057602_161295.jpgで、いただいたお茶のうちいたく感動した鳳凰単叢通天香の特級をついつい購入。
帰ってからも楽しませていただきました。多分いままで買った中で一番お高い中国茶(笑)
もうしばらくは楽しめそうです。

実は初めてだった昼間の建仁寺(いつも花見小路で呑んだ帰りの通り道としてしか知らなかった)、で晩秋のひと時を満喫させてもらいましたわ。

# by radi-spa.horie | 2014-11-22 10:57 | 食べ物&嗜好品 | Comments(0)
2014年 11月 17日

天空の城

c0057602_9183086.jpg「日本のマチュピチュ」と呼ばれる竹田城跡へ行ってきました。

朝3時からイソイソと朝来へ向け出発し、和田山のイオンに到着したのが5時半ごろ。
「雲海バス」という名前の臨時バスで直下の駐車場まで行けるとのことで乗り込んだ。
果たして、バスは8時以降なら一般車も入れる駐車場までしか行ってくれず(自治体のHPには載っていない)1.4kmの暗がりのウォーキングがプラスされた状態。

城山の麓、直下の駐車場からは舗装された山道を1km弱のハイキング。
城壁にさしかかるまではしっかり整備された道なので軽装でも大丈夫そうです。
雲海が見られる今の時期、寒さの対策とカッパ、懐中電灯は必須ですが。

城址の石段は段にばらつきがあったり崩れたりしている部分があるので運動靴の方が無難かな。
それでもシートが敷かれたりしているのでそれほど心配する必要はないと思います。

c0057602_9183789.jpg後で聞いたところによると先週あたりで雲海が見られるのはリミットだったらしく(入口に降りてきた係員のおっちゃんが「今日は全然あかんわ〜」って言うのを聞かされて登る気が萎えた)雲海は臨めず、絶妙なタイミングで曇ってくれたので日の出も拝めずで若干残念ではありましたが、本丸近くから眺める城下町の風景は格別でした。
代々の城主はここからの眺めをさぞかし楽しんだろうなぁ。「治めてる」って感じするもの。
c0057602_9513970.jpg石垣の積み方は野面積みで、どこかで見た感じだなぁと思って後でパンフを読んだら彦根城や安土城と同じ穴太衆の手によるもの。いわゆる「穴太積み」でした。同じ野面積みでも城壁の面によって若干傾向が違うのは何人かの棟梁で手分けして作業がなされたからではないか、ということらしいです。

竹田城に関してはまだまだ伝承の域を出ない情報も多いらしく、そういう意味でもマチュピチュに例えられるのかもしれません。
わからないままでいいけどね。

竹田城を下り、バスでイオンの駐車場まで戻ると7時半ごろ。
すでに開店していたイオンで買い出し、車中で朝ごはん。
腹ごしらえを済ませて今度は竹田城の全景を臨めるという立雲峡へ。これがなかなかキツかったです。
竹田城とは違い、石段はあるもののかなりな朽ち具合。上の方はガレ場に近い状態の部分もありますので運動靴かトレッキングシューズがオススメ。
麓の民間駐車場へ車を停め、徒歩で麓まで30分強。そこから山を30分ほど登ります。
一番低い第3展望台からでも竹田城は見えますが、やはり見晴らしは一番上の第1展望台。
雲海の出る時期であればそれこそ「天空の城」。考えたら登城する家来の皆様はあの距離をその度に登っていたんだなぁと思うと苦労が忍ばれます。
この立雲峡、山肌にやたらと桜が植えられており春には桜の名所になるようです。
桜越しの竹田城。いいかもしれません。

そんなこんなでいつもの5kmランの何倍も足を使い、疲れた体を癒すべく麓にある「よふど温泉」で小休止。
時期的なものなのか利用客も少なく、清潔でサウナもあったので快適に過ごせました。

その後、出石に寄り道。20枚ほど平らげて夕方には京都市内にとんぼ返り。
あわただしい行程でしたが、長い1日を楽しみました。
ストレス発散にもなったし。
来シーズンは11月初頭を狙おうと思います。

# by radi-spa.horie | 2014-11-17 09:16 | 紀行 | Comments(0)
2014年 11月 16日

Perfume WORLD TOUR 3rd NY公演ライブビューイング

c0057602_943474.jpgもう3回目になるのか〜。
今回は台湾、シンガポールを皮切りにLA、ロンドン、ニューヨークと本当に「ワールド・ツアー」。
さぞかし気合が、と思ったら本人たちはいたってマイペースでライブを楽しんでいるように見えました。
いつもの「ネタ」の部分もアナ雪を入れてきたりしてて遊びも。
前回も思ったけれど、色ん大舞台を踏んできて付いた安定感がそうさせているのかも。
選曲も前回までのアジア中心のツアーの時のような「懐かしい曲メイン」な感じではなく、最近の曲も織り交ぜたバランスの良いものに。
そうそう、心配しなくてもみんなちゃんと最新曲も聴いて知ってくれてるよ。
今回のツアー最終日だったこともあってか最後には3人とも感極まったり(ウチのコの泣くのん久しぶりに見ました)してその辺はまだまだ若さを残してるなぁ、と。
のっちがことあるごとに「26歳なんでもうアレです」なんてアラサー感を出してるけど(笑)この3人のピュアさに関しては全然年齢を感じないんですけどねぇ。
ツアーもひと段落、新曲はいつ頃になるかな?

# by radi-spa.horie | 2014-11-16 08:59 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 11月 06日

空想レストランSeason2 #1

c0057602_181498.jpg

いやいや、ありがたいことに「あれ止めたん?」とかものすご言われたんですが、いよいよ伝説のグダグダ番組「空想レストラン」の新シリーズが開始となりました。
前シリーズに増してさらにグダグダに、しかも全く関係のないハナシを延々と。

今回のテーマは「鍋」。熱心なリスナーさんから「あれ?予告とちゃうやん」と突っ込まれそうですがその辺は是非ともスルーで。

今回からはエンディングテーマとして原田博行さんのサウンドロゴも流れますので、その辺も必聴です。

こちらからどうぞ。

# by radi-spa.horie | 2014-11-06 18:05 | 放送 | Comments(0)
2014年 11月 04日

我こそはスカンディナヴィアの海の王なり!

いや奥さん、一般論としてね。
ワタクシの常識がおかしいのかどうかよくわかんないわけよ。
え?いやあの「ブッフェ形式」ってやつね。あれのルールがね、よくわかんないわけ。

よくあるじゃない、こう結婚式やレセプションパーティーなんかで「お食事の方はブッフェ形式になっておりますのでご自由にお取りくださいませ」ってやつ。
あれってどうしてるの、みなさん?

日本人って列を作りたがる人種なもんで、こうどわ〜って並んで端から順に取っていったりしない?
で、女子なんて特に同じテーブルの人の分を代表してがっつり取ってきたりして「取ってきたよ〜、一緒に食べよ〜」なんてノリなことない?
でもあれブッフェのやりようとしてはおかしくない?取ってきた人間が残ったモンの最終的な責任取るんならともかく。自分の食べたいモンを食べたいだけ「自分で」取ってくるのがブッフェよね?

しかもみんな並んでるけど必ずドンくさい人がいて停滞するじゃないの、あれ。
しかも他の人はいらんような人気のないモン(笑)でつっかえる。
あれさっさとその人飛ばして先に次のやつ取ったらいいんじゃないの?
っていうか自分が欲しいモンのとこまで並ばなくても、欲しいモンのとこが空いてればそれだけ取りに行けばいいんじゃないの?

つい最近そういう現場でさっさと空いてるとこに取りに行ったらその後に並んでる人に「おっ、なんだなんだ」なんてリアクションされてね。
別に空いてんだからいいじゃないの?それはダメなの?
ホテルの朝食なんかでもそういうのでイライラしちゃうわけ。こっちゃあ腹減ってんのにあんたたちのノンビリなペースに合わせてられないっての。

そうかと思えばひとしきり食べた後でデザートが出てくるとそりゃもうひどい突進具合で列なんか関係ない争奪戦になっちゃうわけじゃない。あれはなんで並ばないの?
「日本人の美徳」とかっていうんならデザートの時も並ぶべきよね。

「日本人は」とかステレオタイプなこと言いたくないの。
あれは多分なんか関係ないよね?
どうすべき?偉い人教えて。

# by radi-spa.horie | 2014-11-04 00:34 | 人間 | Comments(2)
2014年 11月 03日

エクスペンダブルズ3

c0057602_15311364.jpgいやもうなんだかなぁ(阿藤快風)スタローン、ステイサム、バンデラス、ジェット・リー、ウェズリー・スナイプス、ドルフ・ラングレン、シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、メル・ギブソン…ちゅーかランボー、トランスポーター、スパイの父ちゃん、少林寺の達人、バンパイアハンター、超人ソルジャー、未来のサイボーグ、ミレニアムファルコンの2代目船長、マッドマックス…。

どんな集団よ(笑)

伏線なんかクソ食らえ、な本作シリーズですが、今回は若干火薬の量は控えめな(そうでもないか・笑)感じでしかも若手の活躍も見られる「ファミリー感(なんだそりゃ)」のある作品になっております。
もうなんだか最終的には同窓会的なニオイもしつつ。
なんにしてもな〜んにも考えずに観ればいいじゃない、な手放し感。
「そんなアホな」連発のザックリ感。
もうわかるでしょ?アレですよ、アレ。

そんな中唯一、なぜこの男にコメディリリーフが回ってきたって感じのバンデラスがたまらなくいいです。他の作品ではなかなか見られない役柄かも。おっさん頑張ってます。ウザい(笑)最終的には可愛い(笑)

音楽は来年の「ミュータントタートルズ」も楽しみなブライアン・タイラー。
シリーズ通してガツンガツン雑な(褒めてます)スコアでアヴェンジャーズ系での仕事とはまた一味違う男臭さを見せております。この感じ、結構好き。

意外に残酷なシーンも少なく、露骨なセックスシーンも皆無なので完璧デートムービー(笑)

# by radi-spa.horie | 2014-11-03 15:50 | 映画&舞台他 | Comments(2)
2014年 10月 30日

ヘラクレス

c0057602_22544190.jpgなんにも考えずに観れる作品を、ってことでドウェイン・ジョンソンの野郎なら間違いないだろう(褒めてます)と。

間違いありませんでした。

ギリシャ神話のヘラクレスが実は…ってプロットはともかく、野郎が強いこと強いこと(笑)
まさに神の子の強さ。なんだよあの腕。
しかも伏線らしい伏線もなく、ストーリーもシンプルで、キャラがわかりやすい。
な〜んにも考えずにポップコーン食べながら観る映画です。
さすがブレット・ラトナー。「ラッシュ・アワー」あたりの痛快さ重視な演出加減。

音楽はフェルナンド・ベラスケス。いい意味B級な味わいを醸し出してて、大仰な(褒めてます)あざとい(褒めてます)耳につく(褒めてます)スコアで抱腹絶倒です(コンセプト変わってる・笑)

こういうのがデートムービーにはいいのかもねぇ。

# by radi-spa.horie | 2014-10-30 22:52 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 10月 29日

誰よりも狙われた男

c0057602_22354657.jpg
先日亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンの事実上の遺作になるのかな?しかもジョン・ル・カレものってことで楽しみ(笑)にしてたんですが、自分の精神状態がル・カレを受け入れるコンディションじゃなくてちょっとしんどかったかな。
とはいえ。

最初から最後まで重苦しい雰囲気の中、諜報機関の現場の丁々発止のやりとりが繰り広げられます。
やっぱこの人いいなぁ。最後までグッと溜めて爆発させる演技は生々しくて素晴らしいです。
脇を固めるのもレイチェル・マクアダムスやウィレム・デフォーなど固めすぎなぐらい(笑)
特にウィレム・デフォーのどっちつかずな役柄は最後までイライラさせられた分、ホフマンの方に感情移入させられます。

音楽はヘルベルト・グリューネマイヤー。「ラスト・ターゲット」でのスコアにも似た重苦しい曲が最初から最後まで「控えめに」画面を支配する感じ、俳優としてのキャリアが表現力に活かされているんでしょうか。

女子にはわかってもらいにくいカッコよさの本作、もちろんデートムービーには向きません。

思えばホフマンがなくなったのは46歳。来年ホリエもそのトシになります。

# by radi-spa.horie | 2014-10-29 22:35 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 10月 26日

イコライザー

c0057602_11405075.jpgこのデンゼル・ワシントンって俳優は日本人的でね。
時代劇なんかでよくあるじゃないの、「温和な顔して実はコワい」って役の人。あれあれ。
「ザ・ウォーカー」なんかでもそうだったんだけれど淡々とした表情がコワいというかね。
今回も完全にそうです。まるで必殺シリーズ(笑)しかも寝ない(笑)

ストーリーとしては非常にシンプルで、伏線らしい伏線もなく、ワルはワルらしく、愚かな善人に若干イラつかせられ(笑)、勧善懲悪。
アントン・フークア監督と言えば「トレーニング・デイ」ですが(笑)その辺りの作品の殺伐とした雰囲気とおだやかなザラッとした風合いのコラボレーションはさすがです。

主役以外にもクロエ・グレース・モレッツが「キック・アス」なんかとはずいぶんと印象の違う演技でなかなかよかったなぁ。顔のタイプもスタイリングも全く違うけれどなんとなく「レオン」のナタリー・ポートマンを思い出した。

音楽は「ナルニアシリーズ」ですっかり有名になっちゃったハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。「ウルヴァリン」あたりを彷彿とさせる重々しいスコアが暗さを活かした映像にぴったり。いわゆるハンス・ジマー一派系(笑)のスコアとは違う「残らないスコア」はさすがでした。
しかしこの人「サブウェイ123」とか「マイボディガード」とか「アンストッパブル」とかデンゼル・ワシントン作品やたら多いな。

あ、日本での営業的な「19秒でカタをつける正義の味方」的なのを真に受けてこれ観ると「?」と思う部分も多いのでザックリとで考えた方がいいと思います(笑)
残酷なやり口でバンバン人が死ぬのでデートムービーには向きません。

# by radi-spa.horie | 2014-10-26 11:36 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 10月 16日

未明-イマダアケズ-

夜と朝の間、これぐらいの時間が好きだ。
中高生の頃、時々これぐらいの時間に家を抜け出しては自転車で友達の家へ行ったりしていたことを思い出す。
特に何も用事らしい用事もなかった。

# by radi-spa.horie | 2014-10-16 03:43 | 日記 | Comments(0)
2014年 10月 14日

悪いクセ

おかげさまで演劇秘密結社ピーピー・スー第9回公演「死なずノ匣」、台風の中無事に楽日を迎えさせていただきました。
いや〜、すわ中止かという天候の中お越しいただいたみなさまありがとうございました。

そんな騒ぎもあったせいか台風の中烏丸までタクシーで移動してまで敢行した打ち上げが人数の割にえらく盛り上がってたみたいで。
後半ホリエはぐっすり寝ていたので、メンバーのいたずらにも気付かず朝起きたら枕カバーが大惨事でした(笑)
まぁ楽しかったみたいだからいいけどね。

でね、ホリエは酔うと食べ物を買っちゃうという悪癖がありまして。
昨夜も足取りが不安なホリエを心配して大宮の事務所まで弟分が付き添ってくれたにもかかわらず、彼と別れて程なくココイチでカレーを食べ、なぜかフレスコで巻き寿司と温泉卵を買って帰りました。
別に酔っぱらって無意識にそうしてるのではなく、完全に意識はあるんだけれどもなぜかそうしちゃう。
食べもしないのに牛丼をお持ち帰りしてみたり、明らかに食べない類いのスイーツを買ってみたり。
あれなんなんだろうなぁ。変な物欲。


"Strange Love" by 細野晴臣

# by radi-spa.horie | 2014-10-14 13:43 | 日記 | Comments(0)
2014年 10月 08日

夜っぴき

そんな「ハラダイスロス」的なもんじゃないんですが、ここ数日「何も考えない深夜帯」がどうしていいかわからない自分がいます。
それほど自分にとってあの「ハラダイスTシャツプロジェクト」は大きいものだったようです。
未だに胃の具合の悪さや味覚障害はひきずっていますが、それとて甘い古傷な感じで。

あ、Tシャツのデザインをしたいって言うてるわけじゃないですよ(笑)

# by radi-spa.horie | 2014-10-08 22:42 | 仕事 | Comments(0)
2014年 09月 17日

始まったら終わる

いやいや、前回のログインからちょうど2週間、一体何をやってたかというと「ハラダイス2014コラボTシャツ100デザインプロジェクト」とでもいうべきモノの佳境でして。

去年からアートディレクションを担当させていただいている原田博行さんのイベント「ハラダイス」。
その100を数えるスポンサーさん全てにオリジナルTシャツデザインをプレゼント、ということで始まったのが7月。
軽〜く「やりましょか」と言ったのが運の尽き(笑)、寝ても覚めてもTシャツのデザインであっちを見てもこっちを見てもそれ以外のことを考えられない状態。
でもそれだけをやってるわけにもいかないし。
ダイエット本を書けるぐらいに痩せ(いやホンマ)、後半にはレッドブルという悪魔の手段を覚えてしまい、若干後悔もしましたが(笑)やって損はなかったと思います。
機会を与えてくれた原田さんには感謝寄りの色々な感情です(笑)

でね、苦しかった最後1ヶ月ほどの間何が支えになっていたかというと毎日届くJr.からのメールでね。
「もうダメだ」「何にも浮かばない」と弱音を吐く父親に叱咤激励を投げかけ続けてくれまして。
いや〜、うれしかったなぁ。ちょっと約束しただけなんですけどね。ちゃんと毎日約束通り届くメールには力をもらいました。
子供だ子供だと思っていましたがヤツの方が大人なことを思い知らされるハメに。

先ほど終了の報告を入れたら「バイト代出たらお祝いしよう」との返事。
完全に逆転しております。

ご心配・ご迷惑をおかけしたみなさま、ありがとうございました。
この場を借りてお詫び・お礼申し上げます。

あ、そうそう、仕上がったデザインはこちらでご覧いただけます。総数101。80組以上をホリエが担当させていただきました。

# by radi-spa.horie | 2014-09-17 17:09 | 仕事 | Comments(0)
2014年 09月 03日

エコサマーってどんなサマー?

もう終わるだろうから書いちゃうけど(笑)

京都の市バスでね「エコサマー」ってシステムが発動されててね、夏休み中と7月・9月の日祝(だったかな)、「エコサマー」って降りる時に言うだけで大人ひとりにつき2名までの子供の運賃が無料になるってすごいイベント。

で、たま〜に「エコサマー」言うてるのんを見かける機会があったんですが、この前ね、おばあちゃんが連れてる子供がものすごシャイみたいで「エコサマー」って言わんかったのね。
っていうかおばあちゃん自身そのシステムのことを知らんかったみたいな感じ。
でね、そのバスのドライバーさんが気を効かせてか「エコサマーって言うてもらったらタダになりますよ」って言うてはる。2人のお孫さん連れてはったんやね。通常やったら2人目からは半額が必要やったはず。
なんかよおわからんけどタダになる、って言われたらおばあちゃん焦るし。
「ベコサマーやて、はよ言いよし」っていうけどシャイな孫がそう簡単に口を割るわけもなし。
「いや、エコサマーです」いうてるうちにどんどん時間が過ぎる。後ろにも待ってる人たちが。
ますます焦るおばあちゃん「ベコサマー、言えるやろ。言うてみ」
「エコサマーです」
「…」
「もうよろしいわ」
「いや、そういうわけにはいきません、ボク、エコサマーって言うて」
「…」
「いやもうよろしいねん」
「いや、言うてもらわんと困ります」
「私が言いうてもあきませんねやろ?」
「はい。ボク、エコサマーは?」
「…エ、エコサマー…」
「はい、それではどうぞ〜。次からはすぐ言うてもらってくださいね」
「…は、はぁ」

そこまでせんでも認めたったらええんちゃうか、公務員!

# by radi-spa.horie | 2014-09-03 01:28 | 日記 | Comments(0)
2014年 08月 31日

Tシャツダイエット法

はいはい!どーも、ホリエです、パァ。
京都駅の駅スタンプって中央口のどこに置いてあるか知ってますか!?

な〜んてもうなんだか色々憂鬱すぎてムスメのようなコケシのような20代女子のまねをしてやたらとテンション上げて見せました。
もうこうでもしないと吉瀬美智子のように「ダル重〜」なんてことになりかねなくて。

という野茂英雄、最近自分のことを書いてなかったなぁと思いましてね、奥さん。
なんだかさぼってるように思われてもヤだったんで、近況をね、お伝えしとくかと重い腰を上げたもとい思いワイアレスマウスを上げたわけですよ。

10月4日にね、ここんとこ何年も参加させてもらってるハラダイスってイベントがありましてね、ええ、ええ、原田博行さんが年に1度開催してはるあの知る人ぞ知るイベントですよ。
ここんとこアートディレクションなんてちょっとイキったことをホリエが担当させてもらってるのももうおなじみですよね。
でね、ご存知の方も多いかと思うんですがそのイベントにはたくさんのスポンサーさんが協賛されてましてね、もう毎年100組近いスポンサーさん。
毎年そのスポンサーさんには原田さんから「サウンドロゴ」と称してCMソング的な短い曲がプレゼントされてますねん。
で、今年はそれプラス「オリジナルデザインTシャツ」をプレゼント、ってことで「100個のデザインをしてくれるデザイナー、誰かおらんかなぁ」ってホリエの目を見ながら原田さんが言わはるもんで「まぁやりましょか」と手を挙げたのが運の尽き(笑)、地獄が始まったってわけで。

もうなんだか何をしててもTシャツデザインですよ。
街を歩いてても色の組み合わせが気になって気になって。
5kg以上痩せちゃいましたもん。ガチで。
もう「Tシャツデザインダイエット」ってワニブックスあたりから本出そうかと思いましたもん、奥さん。

おまけにこの9月の23日には京都御幸町蛸薬師上ルのMUSEUM OF KYOTO GOKOHMACHIにてホリエの個展的なイベントを開催という運びらしくて、なんだかとんでもないことになってます。
だってこっちゃあまだ終わりが見えたか見えないかって感じなのにですよ!(笑)
そんな経過をMUSEUM OF HARADISEというサイトで後悔いやちがう公開してましてね、一度ご覧いただけるとホリエの苦しみいやちがう取り組みを把握していただけると思います。

「いや、ホリエちゃんこのところ付き合い悪いやん」とか「仕事もせずに一体なにしてんだ、ホリエ」とか思ってたそこのあなた、ちゃんと仕事してんですよホント。

てなわけでホリエの忙しい自慢でした!
自虐!


"いける、いける" by 9nine

# by radi-spa.horie | 2014-08-31 14:56 | 仕事 | Comments(0)
2014年 08月 29日

トランスフォーマー/ロストエイジ

c0057602_9245056.jpgシャイア・ラブーフはもう出演しない、ってことだったのでどうなるんだか、と思ってましたがまさかまさかマーク・ウォールドバーグとは。
舞台は3作目の5年後、シカゴでの大騒ぎも過去の話になったとこからストーリーは始まります。

主人公はマーク・ウォールドバーグとその娘役ニコラ・ペルツ。この子、あの「エア・ベンダー」の女の子ね。
キツいメイクで今時のティーンエイジャー風なんですが、モデルのクラウディアと大富豪の父親の間に生まれたってこともあってかそのセレブ感がいい方へ作用していて物腰や仕草は優しくて可愛らしい女優さんです。これから出てきそう。
個人的に大好きなスタンリー・トゥッチもいい感じなコメディリリーフでハマり役。

マイケル・ベイが続投ってことで世界観のブレはないんですが、そりゃもういままで以上にグニャグニャトランスフォームするので、今まで段階踏んで観てないと何が何だかみたいなところもあるかも(笑)
今回初めてダイノボット系が登場で、おもちゃのトランスフォーマーのシリーズが好きな人はうれしいんちゃうかなぁと思います。

オートボットのドリフトの英語吹替が渡辺謙さんなんですが、それがいい。ちょっとクセのある役なんだけれど巧く演じておられてて「何やっても巧いなぁ」と。

音楽はシリーズ通してのスティーブ・ジャブロンスキー。最近「エンダーのゲーム」のスコアがお気に入りだったので似た方向性の曲もあってよかったです。この人も「残らない」スコアを書ける人で、シーンを作るけど音楽そのものが画の邪魔をしないというか。

若いカップルの微笑ましい恋愛や父親と娘の関係なんかがエッセンスとして盛り込まれてるストーリーなのでデートムービーにはぴったりかも。残酷なシーン(あるんだけど相手がオートボットやし、なんとも)や露骨なラブシーンもないしね。
ただまぁ前作ぐらいは観てからの方が分かりやすいかも。

# by radi-spa.horie | 2014-08-29 20:43 | 映画&舞台他 | Comments(0)
2014年 08月 22日

虎ノ門アルボール

c0057602_13582450.jpg完全に身体的疲労を抱えて起きてしまって何となくの朝ご飯を食べた後、お待ちかねの虎ノ門ヒルズへ。
エントランスからほど近いいいロケーションに陣取る「虎ノ門アルボール」。
昨晩「神楽坂アルボール」で今日ここかよっていう(笑)

オーナーシェフの古田氏に迎えていただき(えらい恐縮やわぁ)席へ。
ランチメニューがパスタ数点とラザニアというバリエーションでどれもクオリティを考えるととんでもなくお値打ち。最初にオードブル代わりにサーブされるサラダがこれよ。
パスタ自体も季節を感じられるしっかりしたもの。
プラスでデザートもあり。
いや〜、丁寧で美味かった。サイコー。

え?なんで写真がサラダだけかって?
食べた過ぎて写真撮るのん忘れたんですわ。

上京した時に行きたいお店がまた増えました。
次は夜に。

# by radi-spa.horie | 2014-08-22 13:48 | 食べ物&嗜好品 | Comments(0)