follow me > radispa

radispa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 15日

やりかた

安くてある程度なんでも言うこと聞いて便利だから、という理由でお仕事いただくのには慣れたんだけれど、大先輩に「そういうのは自分のウデを鈍らせるよ」とお説教を食らうとごもっとも過ぎて返す言葉もない。

「小賢しいアーティストなんて人種になる必要はないけど、技術者は何でも屋にもなっちゃダメ」
「相手が出せる限界ギリギリまでお金を出してもらって、それに見合った仕事で返しなさい」
「趣味でやってることの方がお金になる、っていうのは本末転倒」
「受けるたびにちょっとでもギャランティを増やしてもらえる仕事にすることが大事」
「自分で最低ラインを決めて交渉に臨みなさい」
「その仕事に割く時間や、その仕事に起因するリスクをちゃんとお金に換算しなさい」
「楽しいだけならそれは仕事とはいわない」

いちいちごもっともで全く言い返せません。
このトシになって一体何やってんだとかなり凹んでおります。
そう思うと会社員の頃は良くも悪くもコンスタントに評価を受けてたんだな、と再確認。
あ、発言の主は純粋にホリエに対する愛情で言うてくれてはるだけです(笑)



いや、笑い事じゃないんだよなぁ。
ナケテクルナァ。


"Hold Your Hand" by Perfume

by radi-spa.horie | 2015-03-15 00:14 | 仕事 | Comments(0)


<< そうだ 岡山、行こう。キャンペ...      シェフ 三ツ星フードトラック始... >>